育毛剤

育毛剤

薄毛のお悩みから一刻も早く解放されたい貴方に
人気の育毛剤をご紹介します。

育毛剤 > 育毛剤

育毛剤 効果

育毛剤には医薬品、医薬部外品、化粧品の3種類があるそうです。実際には化粧品に分類されるものを育毛剤と表記することはできず、薬事法では医薬品を発毛剤、医薬部外品を育毛剤、化粧品を養毛剤と規定しているようです。

医薬品にはミノキシジルやファナステリドといった成分が配合されており、医師の処方箋に基づいて入手したり、薬局やドラッグストアなどで購入するものです。髪の毛を積極的に生やすことが主要な作用になります。薬ですから比較的効果は高いと言えるようですが、その分、副作用の心配があるそうです。

一方、化粧品にはメーカー独自の成分が配合されていますが、その成分には厚生労働省の認可がない状態です。基本的には頭皮や毛髪を健やかに保つためのもので、頭皮と毛髪に栄養成分を補給し、健やかな状態にすることが主要な作用になります。

医薬部外品は医薬品と化粧品の中間的な存在になります。頭皮環境を整えて、毛髪の育成を促進するもので、今生えている髪を育てる効果が期待できます。厚生労働大臣によって認可されているので、有効成分名や効果を表示でき、厚生労働省認可、薬用〇〇、育毛剤という表示も可能になります。

医薬品の効果が一番高いのは当然なのですが、例えば、有効な成分であっても、厚生労働省が未認可であれば化粧品として販売するしかないため、一概に医薬部外品の方が化粧品より効果が高いとは言えない点に注意が必要です。

育毛剤 比較

現在、色々な種類の育毛剤が販売されていて、どれを選んだらよいか迷ってしまいますよね。ここでは特に人気のある3種類の育毛剤(便宜的に化粧品も含めています。)を、配合している成分の種類が多い順にランキングにしてみましたので、参考になさってみてください。

1位 チャップアップ (CHAP UP)

 

チャップアップの公式サイトはこちら

日本臨床医学発毛協会会長の松山淳氏が推奨する育毛剤

■ 無添加・無香料
■ 返金保証書が付いています。
■ 使用感満足指数97%
■ 男性にも女性にも育毛促進効果のある47種類の成分を独自監修で配合
■ 医薬部外品

チャップアップの公式サイトはこちら

2位 ブブカ (BUBKA)

 

ブブカの公式サイトはこちら

厚生労働省認可のM-034を高濃度に配合した濃密育毛剤

■ ノンアルコール製法
■ 頭皮の弾力アップを実現
■ 98.1%という圧倒的な実感率
■ 100%天然にこだわった厳選成分を全部で46種類も配合
■ 医薬部外品

ブブカの公式サイトはこちら

3位 ザスカルプ5.0C (THE SCALP 5.0C)

 

ザスカルプ5.0Cの公式サイトはこちら

ミノキシジルの3倍の育毛効果というキャピキシルを配合した注目の育毛剤

■ ジェットフロー効果を持たせた特別なミスティー水を使用
■ ゴールドとプラチナのナノ化成分をW配合
■ キャピキシルを含めて全42種類の有効成分を配合
■ 無香料、ローエタノール
■ 分類的には化粧品になります。

ザスカルプ5.0Cの公式サイトはこちら

 

育毛剤 副作用

医薬部外品の育毛剤には配合されている成分も多く、医薬品よりはリスクは低くなるものの、副作用の可能性があります。代表的なものには、含まれている化学添加物などに皮膚が反応してしまうアレルギー症状があります。具体的にはニキビ、吹き出物、かゆみ、発疹 などを挙げることができます。育毛剤を使用する前には必ずパッチテストを行うようにすること、 できる限り天然由来の成分によるものを選ぶようにすることが重要です。

医薬品に含まれるミノキシジルやファナステリドの副作用は更に重大である場合があります。ミノキシジルは動悸、息切れ、めまい、嘔吐など、ファナステリドは勃起不全や精子減少などの副作用が考えられるそうです。より高い育毛効果を狙って、海外からこれらの成分が高濃度に配合された育毛剤を個人輸入される場合は、これらの副作用があることを十分に考慮しておく必要があります。

天然由来成分にこだわった育毛剤にはこのようなものがあります。

厚生労働省認可の育毛剤はBUBKA

育毛剤 トップへ戻る

Copyright 2016 © 育毛剤 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner